人気ブログランキング |

イザベル・アジャーニが久々の新作のためにプロモーション!

イザベル・アジャーニはフランス人にとって最もその動向が注目されてしまう別格の女優であるのは間違いないでしょう。最近では2月2日に行われた第3回グローブ・ド・クリスタルの授賞式で登場した際のメイクが話題を呼びました。

その彼女の久々の出演作、”La Journée de la jupe”が、まずフランス/ドイツのテレビ局アルテで3月20日に放映、その後、25日に一般公開されます。(アルテ製作の作品はこのような公開順序を取るのが通例です。)直訳すると「スカートの日」というタイトルのこの作品、物語の舞台は問題を抱える子供たちが多く通う高校。教師役のアジャーニが銃を手に生徒たちを人質に取り、政府に対してある要求する、という社会的な要素を持った物語です。アジャーニにとっては今までにない役ですが、教室という密室的なシチューエーションは舞台女優としての彼女の得意とするところ。学校外のシーンもドゥニ・ポダリデス、ヤン・コレットら演技派が固めます。

b0163829_19373923.jpg


この作品は今年のベルリン映画祭のパノラマ部門に出品されたのですが、アジャーニはベルリンに向かう途中、シャルル・ド・ゴール空港で怪我をしてしまい、急遽、やむをえず出席を断念したそうです。そのリベンジでしょうか、アジャーニは3月28日11時45分からカナル+で放送される番組Hebdo cinemaに出演し、自身のキャリアを語りながら、作品のプロモーションをすることが明らかになりました。

また現在発売中の女性誌Bibaのインタビューにも答えていますが、この中でアジャーニは今お気に入りの音楽としてMakaliというバンドの名前を挙げています。実はこのグループ、アジャーニが『カミーユ・クローデル』の監督ブリュノ・ニュイッテンとの間に産まれた息子バルナベが2003年に結成したバンドだそうです。インタビューの中では「もっと近親者のために時間を捧げたい」と13歳になる次男ガブリエル・カーン君にも目配せをしていました。

”La Journée de la jupe” 公式サイト:
http://www.rezofilms.com/distribution/la-journee-de-la-jupe(フランス語)
http://www.rezofilms.com/world-sales/la-journee-de-la-jupe(英語)
by berceau-du-cinema | 2009-03-11 19:33 | CINEMA/CELEBRITE | Comments(0)
<< 『美しい人』と『クレーヴの奥方』 ヴァンサン・カッセルが話題のP... >>