人気ブログランキング |

『男と女』の50年後を描く”Les plus belles années d’une vie”

1966年のカンヌ映画祭で上映されてパルム・ドールを獲得した『男と女』、そしてその20年後をテーマに製作されて同映画祭で上映された『男と女 II』。その続編”Les plus belles années d’une vie(ある人生における最も美しい年月)”が主演俳優たちと共にカンヌ映画祭の赤絨毯に戻ってきます。

b0163829_06592421.jpg
b0163829_06593320.jpg

老いを迎え、少しずつ記憶が薄らいでいくジャン=ルイのために、彼の息子は父親の話に頻繁に出てくるアンヌを探し出します。再会した2人は、これまでの物語を新たに追い始める…という構成になっています。公開された予告編で出てくるように、前作2本がフラッシュバックで登場する模様です。


今作でもフランシス・レイが音楽を担当していますが、昨年11月に他界されました。フランスでは映画祭で上映後の5月22日に全国で公開されます。


by berceau-du-cinema | 2019-04-23 07:06 | CINEMA/PROJET | Comments(0)
<< カンヌ映画祭2019 最も心に残る時代に戻れるなら…... >>