人気ブログランキング |

カテゴリ:CINEMA/PRIX( 23 )

CESARS 2016!

2016年度のセザール賞が発表になりました。
b0163829_10171637.jpg

今年はグザヴィエ・ジャノリ監督の『偉大なるマルグリット』とアルノー・デプレシャン監督の『あの頃エッフェル塔の下で』が最多の11部門に、続いて『ディーパンの闘い』と『裸足の季節』が9部門にノミネートされていました。作品賞はヴェネチア映画祭に出品された『偉大なるマルグリット』以外は全てカンヌ映画祭の作品となり、小さな論争に。

最優秀作品賞を授賞したフィリップ・フォーコン監督は日本での知名度はありませんが、レオス・カラックス監督の『汚れた血』のスタッフとして映画界に入り、1990年の"Amour"以来、マージナルな女性たちやフランスのアラブ人社会の問題を丁寧に、そしてひたむきに描き続けてきました。この賞はそのキャリアへの賞だと思えます。また最優秀初長編作品賞はオスカーのフランス代表作品としてオスカーの外国語映画賞にノミネートされている『裸足の季節』に。今年はアラブ人女性の立場を描いた作品2本が評価を得る結果となりました。

今年の授賞式で最も感動を呼んだのは、日本でも公開される“La Tête haute”で有望男優賞を授賞したロッド・パロド君のスピーチ。助演男優賞のブノワ・マジメルと共にダブル受賞したのも嬉しいニュースです。

受賞結果(発表順になっています):

有望女優賞 
ジタ・ハンロ(Zita Hanrot) “Fatima”

短編賞
“La contre-allée ” (セシル・デュクロック監督)

衣装賞
ピエール=ジャン・ラロック『偉大なるマルグリット』

有望男優賞
ロッド・パラド “La Tête haute”

短編アニメーション賞
『サンデー・ランチ』“Le Repas Dominical”(Céline Devaux監督)

長編アニメーション賞
『リトルプリンス 星の王子さまと私』(マーク・オズボーン監督)

録音賞
フランソワ・ミュジー、ガブリエル・ハフナー『偉大なるマルグリット』

撮影賞
クリストフ・オーファンスタン “Valley of Love”

編集賞
マチルド・ヴァン・デ・ムールテル『裸足の季節』

ドキュメンタリー賞
“Demain”(シリル・ディオン&メラニー・ロラン監督)

初長編作品賞
『裸足の季節』(デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督)

美術賞
マルティン・クレル『偉大なるマルグリット』

助演女優賞
シセ・バベット・クヌッセン “L’Hermine”

脚色賞
フィリップ・フォーコン “Fatima”

オリジナル音楽賞
ウォーレン・エリス『裸足の季節』

助演男優賞
ブノワ・マジメル “La Tête haute”

セザール名誉賞
マイケル・ダグラス

オリジナル脚本賞
デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン、アリス・ウィノクール 『裸足の季節』

外国映画賞
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)

主演女優賞
カトリーヌ・フロ『偉大なるマルグリット』

監督賞
アルノー・デプレシャン『あの頃エッフェル塔の下で』

主演男優賞
ヴァンサン・ランドン “La Loi du marché”

作品賞
“Fatima”(フィリップ・フォーコン監督)
b0163829_10172248.jpg

by berceau-du-cinema | 2016-02-26 23:16 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

2015年度セザール賞 発表!

2月20日金曜日、2015年度のセザール賞の授賞式がパリのシャトレ劇場で開催されました。

当初、本命がいないと目されていましたが、モーリタニアの監督アブデラマン・シサコの"Timbuktu"がオスカーの外国語映画賞の最終ノミネートに残り、フランス在住の外国人プレスが選ぶリュミエール賞でも作品賞と監督賞を授賞するなど、じわじわと下馬評を上げて行き、最終的に作品と監督、そして技術系の部門で7冠に。この作品に参加したアラブ系、アフリカ系のスタッフも賞を授賞したのはとても喜ばしい限り。
b0163829_10072337.jpg

2本の競作が1年以内に公開され、サン・ローラン対決と目されていた主演男優賞はピエール・ニネに軍配があがりましたが、ギャスパー・ウリエルにも賛辞を捧げ、そして今回のセザール賞でフランス映画の若い世代に評価を与えたフランス映画アカデミー会員に感謝を捧げた感動のスピーチでした。

またカンヌ映画祭の監督週間部門で上映直後に大きな話題になり、米アカデミー賞のフランス代表の最終候補まで残ったという新人監督トマ・カイレイ監督の"Les Combattants"が初長編、主演女優、新人男優で3部門を獲得しました。
b0163829_1042371.jpg

昨年亡くなったアラン・レネ監督の追悼では、常連の俳優であったアルディティ、ウィルソン、キベルランが歌を披露し、会場にいたパートナーのサビーヌ・アゼマと共にでオマージュを捧げていました。

ノミネート作品と授賞結果(★)

最優秀作品賞
★ Timbuktu
Les combattants
Eastern Boys
La Famille Bélier
Hippocrate 
Saint Laurent
Sils Maria

最優秀主演女優賞
★ Adèle Haenel - Les Combattants
Catherine Deneuve – Dans la cour

Juliette Binoche - Sils Maria

Sandrine Kiberlain – Elle l'adore

Marion Cotillard - Deux jours, une nuit

Karin Viard - La Famille Bélier

Emilie Dequenne - Pas son genre

最優秀主演男優賞

★ Pierre Niney – Yves Saint Laurent
Niels Arestrup – Diplomatie

Guillaume Canet – La Prochaine fois je viserai le cœur

François Damiens - La Famille Bélier

Romain Duris – Une nouvelle amie

Vincent Lacoste – Hippocrate

Gaspard Ulliel - Saint Laurent

最優秀監督賞
★ Abderrahmane Sissako – Timbuktu
Céline Sciamma - Bande de filles

Thomas Cailley - Les Combattants

Robin Campillo - Eastern Boys

Thomas Liliti – Hippocrate

Bertrand Bonello - Saint Laurent

Olivier Assayas - Sils Maria

最優秀オリジナル脚本賞
★ Abderrahmane Sissako et Kessen Tall - Timbuktu
Thomas Cailley et Claude Le Pape - Les Combattants

Victoria Bedos, Stanislas Carré de Malberg, Eric Lartigau et Thomas
Bidegain - La Famille Bélier

Thomas Lilti, Baya Kasmi, Julien Lilti et Pierre Chosson – Hippocrate

Olivier Assayas - Sils Maria


最優秀脚色賞
★ Cyril Gély et Volker Schlöndorff – Diplomatie

Mathieu Amalric et Stéphanie Cléau – La Chambre bleue 

Solveig Anspach et Jean-Luc Gaget – Lulu femme nue

Lucas Belvaux - Pas son genre

Cédric Anger - La Prochaine fois je viserai le Coeur

最優秀助演女優賞
★ Kristen Stewart – Sils Maria
Marianne Denicourt – Hippocrate

Claude Gensac – Lulu femme nue

Izïa Higelin – Samba

Charlotte Le Bon – Yves Saint Laurent

最優秀助演男優賞
★ Reda Kateb – Hippocrate
Eric Elmosnino - La Famille Bélier

Guillaume Gallienne - Yves Saint Laurent

Louis Garrel - Saint Laurent

Jérémie Renier - Saint Laurent

最優秀新人女優賞

★ Louane Emera - La Famille Bélier
Lou de Laâge - Respire 

Joséphine Japy – Respire

Ariane Labed – Fidelio, l’odyssée d’Alice

Karidja Touré - Bande de filles

最優秀新人男優賞
★ Kevin Azaïs - Les Combattants
Ahmed Dramé - Les Héritiers

Kirill Emelyanov - Eastern Boys
Pierre Rochefort – Un beau dimanche 

Marc Zinga – Qu’Allah bénisse la France

最優秀初長編賞
★ Les Combattants - Thomas Cailley
Elle l'adore – Jeanne Herry

Fidelio, l'odyssée d'Alice – Lucie Borleteau
Party Girl – Marie Amachoukeli, Claire Burger et Samuel Theis

Qu'Allah bénisse la France – Abd Al Malik

最優秀ドキュメンタリー賞
★ La Sel de la terre – Wim Wenders et Juliano Ribeiro Salgado
Caricaturistes, fantassins de la démocratie – Stéphanie Valloatto

Les Chèvres de ma mère – Sophie Audier

La Cour de Babel – Julie Bertuccelli

National Gallery – Frederick Wiseman

最優秀撮影賞
★ Sofian El Fani - Timbuktu
Christophe Beaucarne – La Belle et la bête

Josée Deshaies - Saint Laurent

Yorick Le Saux - Sils Maria

Thomas Hardmeier - Yves Saint Laurent


最優秀編集賞
★ Nadia Ben Rachid - Timbuktu
Lilian Corbeille - Les Combattants

Christel Dewynter - Hippocrate

Frédéric Baillehaiche - Party Girl 

Fabrice Rouaud - Saint Laurent

最優秀オリジナル音楽賞
★ Amine Bouhafa - Timbuktu
Jean-Baptiste de Laubier - Bande de filles
Béatrice Thieret – Bird People

Lionel Flairs, Benoît Rault et Philippe Deshaies – Les Combattants

Ibrahim Maalouf – Yves Saint Laurent

最優秀録音賞
★ Philippe Welsh, Roman Dymny et Thierry Delor - Timbuktu
Pierre André et Daniel Sorbino - Bande de filles

Jean-Jacques Ferran, Nicolas Moreau et Jean-Pierre Laforce - Bird People

Jean-Luc Audy, Guillaume Boucheteau et Niles Barletta - Les Combattants

Nicolas Cantin, Nicolas Moreau et Jean-Pierre Laforce - Saint Laurent


最優秀衣装賞
★ Anaïs Romand – Saint Laurent
Madeline Fontaine – Yves Saint Laurent

Carine Sarfati – La French
Pierre-Yves Gayraud – La Belle et la bête

Pascaline Chavanne – Une nouvelle amie

最優秀美術賞
★ Thierry Flamant – La Belle et la bête

Aline Bonetto – Yves Saint Laurent
Katia Wyszkop – Saint Laurent

Sebastian Birchler – Timbuktu

Jean-Philippe Moreau - La French

最優秀長編アニメーション賞
★ Minuscule – La Vallé des fourmis perdues - Thomas Szano et Hélène Giraud
Le chant de la mer - Tomm Moore

Jack et la mécanique du coeur - Mathias Malzieu et Stéphane Berla


最優秀短編作品賞
★ La Femme de Rio - Emma Luchini et Nicolas Rey
Aïssa - Clément Tréhin-Lalanne

Inupiluk - Sébastien Betbeder

Les Jours d'avant - Karim Moussaoui

Où je mets ma pudeur - Sébastien Bailly

La Virée à Paname - Carine May et Hakim Zouhani

最優秀短編アニメーション賞
★ Les Petits cailloux – Chloé Mazlo
Bang Bang ! – Julien Bisaro

La Bûche de Noël – Vincent Patar et Stéphane Aubier

La Petite casserole d'Anatole – Eric Montchaud

最優秀外国映画賞
★ Mommy - Xavier Dolan
12 Years a Slave - Steve McQueen

Boyhood - Richard Linklater

Ida - Pawel Pawlikowksi

Deux jours, une nuit - Luc et Jean-Pierre Dardenne

The Grand Budapest Hotel - Wes Anderson

Winter Sleep - Nuri Bilge Ceyla
by berceau-du-cinema | 2015-02-20 23:55 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

2014年度セザール賞 発表!

b0163829_22321149.jpg
2月28日金曜日、2014年度のセザール賞の受賞式がパリのシャトレ劇場で開催されました。
b0163829_22322768.jpg
作品賞や主演男優賞など5部門を制し、この夜のスターとなったのは"Les garçons et Guillaume, à table!"のギョーム・ガリエンヌ。今作は『ママン』のタイトルで日本でも公開される模様です。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞し、アメリカやイギリスでも多くの外国語映画賞を獲得した『アデル、ブルーは熱い色』はアデル・エグザルコプロスが新人女優賞に輝いたのみ。アメリカのアカデミー同様にセザール賞もフランスの映画関係者たちによる会員(有料)投票で決まりますが、アブデラティフ・ケシシュ監督は作品の撮影時の技術者の扱いでバッシングを受けていたこともあり、8部門にノミネートされていたにも関わらず、授賞式そのものも欠席。既に賞が諦めていたのでしょうか…
b0163829_22324628.jpg
また世界中の批評家から大絶賛を受けた『湖の見知らぬ男』は無冠。しかし作家性が強く、そしてホモセクシャルの世界を描いている今作のフランスの動員数は7万人に至らず、対する『ママン』は215万人を突破…比較はできないでしょう。
b0163829_22330079.jpg
b0163829_22331745.jpg
個人的に嬉しかったのは、やはり作家性の強い"Michael Kohlhaas”"が技術系の賞で奮闘したこと、外国語映画賞を『オーバー・ザ・ブルースカイ』が受賞したことです!
b0163829_22332372.jpg
受賞結果(発表順です):

作品賞
"Les garçons et Guillaume, à table!" 監督:ギョーム・ガリエンヌ

主演女優賞
サンドリーヌ・キベルラン "9 mois ferme"

主演男優賞
ギョーム・ガリエンヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"

監督賞
ロマン・ポランスキー "La Venus à la fourrure"

外国映画賞
『オーバー・ザ・ブルースカイ』監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン

助演女優賞
アデル・エネル "Suzanne"

短編作品賞
"Avant que de tout perdre" 監督:グザヴィエ・ルグラン

撮影賞
トマス・ハードマイアー "L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet"

編集賞
ヴァレリー・デセーヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"

アニメーション賞
『モンパルナスのキキ』"Mademoiselle Kiki et les Montparnos" 監督:Amélie Harrault

脚色賞
ギョーム・ガリエンヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"

ドキュメンタリー賞
『世界の果ての通学路』 監督:パスカル・プリッソン

新人俳優賞
ピエール・ドランドンシャン 『湖の見知らぬ男』

録音賞
ジャン=ピエール・デュレ、ジャン・マレ、メリッサ・プティジャン "Michael Kohlhaas"

美術賞
ステファン・ローゼンボーム『ムード・インディゴ うたかたの日々』

オリジナル音楽賞
Martin Wheeler "Michael Kohlhaas”"

助演男優賞
ニエル・アレストリュプ "Quai D’Orsay"

オリジナル脚本賞
アルベール・デュポンテル "9 mois ferme"

衣装賞
パスカリーヌ・シャヴァンヌ『ルノワール 陽だまりの裸婦』

初長編作品賞
"Les garçons et Guillaume, à table!" 監督:ギョーム・ガリエンヌ

新人女優賞
アデル・エグザルコプロス『アデル、ブルーは熱い色』

by berceau-du-cinema | 2014-02-28 22:31 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

2014年度セザール賞 ノミネーションが発表!

2月28日にパリのシャトレ劇場で発表される第39回セザール賞のノミネーションが発表されました。

10部門で最多ノミネーションとなったのは、カンヌ映画祭監督週間部門に出品され、フランスで大ヒットしたコメディ"Les garçons et Guillaume, à table!"。コメディ・フランセーズの団員であるギョーム・ガリエンヌが、自身の半生を舞台にし、それを更に映画化した作品です。
そしてカンヌ映画祭パルムドールの『アデル、ブルーは熱い色』、ある視点部門で上映され、フランスの批評家に絶賛された『湖の見知らぬ男』が8部門と続いています。
b0163829_04173629.jpg
b0163829_04174363.jpg
b0163829_04182338.jpg
作品賞
"9 mois ferme" 監督:アルベール・デュポンテル
"Les garçons et Guillaume, à table!" 監督:ギョーム・ガリエンヌ
『湖の見知らぬ男』監督:アラン・ギロディー
"Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)" 監督:アルノー・デプレシャン
『ある過去の行方』監督:アスガー・ファルハディ
"La Venus à la fourrure" 監督:ロマン・ポランスキー
『アデル、ブルーは熱い色』監督:アブデラティシュ・ケシシュ

主演男優賞
マチュー・アマルリック "La Venus à la fourrure"
ミシェル・ブーケ『ルノワール 陽だまりの裸婦』
アルベール・デュポンテル "9 mois ferme"
グレゴリー・ガドゥボワ『魂を治す男』
ギョーム・ガリエンヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"
ファブリス・ルキーニ "Alceste à Bicyclette"
マッツ・ミケルセン "Michael Kohlhaas"

主演女優賞
ファニー・アルダン "Les Beaux Jours"
ベレニス・ベジョ『ある過去の行方』
カトリーヌ・ドヌーヴ "Elle s'en va"
サラ・フォレスティエ "Suzanne"
サンドリーヌ・キベルラン "9 mois ferme"
エマニュエル・セニエ "La Venus à la fourrure"
レア・セドゥ『アデル、ブルーは熱い色』

監督賞
アルベール・デュポンテル "9 mois ferme"
ギョーム・ガリエンヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"
アラン・ギロディー『湖の見知らぬ男』
アルノー・デプレシャン "Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)"
アスガー・ファルハディ『ある過去の行方』
ロマン・ポランスキー "La Venus à la fourrure"
アブデラティシュ・ケシシュ 『アデル、ブルーは熱い色』

外国映画賞
『オーバー・ザ・ブルースカイ』監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン
『ブランカニエベス』監督:パブロ・ベルヘル
『ブルージャスミン』監督:ウディ・アレン
『ジャンゴ 繋がれざる者』監督:クエンティン・タランティーノ
"Dead Man Talking" 監督:Patrick Ridremont
『追憶のローマ』監督:パオロ・ソレンティーノ
『ゼロ・グラビティ』監督:アルフォンソ・キュアロン

録音賞
マルク=アントワーヌ・ベルダン、ロイック・プリアン、オリヴィエ・ドー・ユゥ  "Les garçons et Guillaume, à table!"
フィリップ・グリヴェル、ナタリー・ヴィダル 『湖の見知らぬ男』
ジャン=ピエール・デュレ、ジャン・マレ、メリッサ・プティジャン "Michael Kohlhaas"
リュシアン・バリバール、ナディン・ミュズ、シリル・オルツ "La Venus à la fourrure"
ジェローム・シュヌボイ、ファビアン・ポシェ、ジャン=ポール・ユリエ 『アデル、ブルーは熱い色』

編集賞
クリストフ・ピネル "9 mois ferme"
ヴァレリー・デセーヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"
ジャン=クリストフ・イム 『湖の見知らぬ男』
ジュリエット・ウェルフラン 『ある過去の行方』
カミーユ・トゥブキ、アルベルティーヌ・ラステラ、ジャン=マリー・ランジェレ  『アデル、ブルーは熱い色』

脚色賞
ギョーム・ガリエンヌ "Les garçons et Guillaume, à table!"
アルノー・デプレシャン、Julie Peyr、ケント・ジョーンズ  "Jimmy P. (Psychothérapie d'un Indien des Plaines)"
アントワーヌ・ボドリー、クリストフ・ブラン、ベルトラン・タヴェルニエ "Quai D’Orsay"
デイヴィッド・アイヴス、ロマン・ポランスキー "La Venus à la fourrure"
アブデラティフ・ケシシュ、ガリア・ラクロワ『アデル、ブルーは熱い色』

撮影賞
トマス・ハードマイアー "L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet"
クレア・マトン『湖の見知らぬ男』
ジャンヌ・ラポワリー "Michael Kohlhaas"
マーク・リー・ピンビン『ルノワール 陽だまりの裸婦』
ソフィアン・エル・ファニ『アデル、ブルーは熱い色』

オリジナル脚本賞
アルベール・デュポンテル "9 mois ferme"
フィリップ・ル・ゲイ "Alceste À Bicyclette"
アラン・ギロディー  『湖の見知らぬ男』
アスガー・ファルハディ『ある過去の行方』
カテル・キレヴェレ、マリエット・デセール "Suzanne"

短編作品賞
"Avant que de tout perdre" 監督:グザヴィエ・ルグラン
"Bambi" 監督:セバスチャン・リフシッツ
"La Fugue" 監督:ジャン=ベルナール・マルラン
"Les Lézards" 監督:ヴァンサン・マリエット
"Marseille la nuit" 監督:マリー・モンジュ

助演女優賞
マリサ・ブルーニ=テデスキ "Un Chateau en Italie"
フランソワーズ・ファビアン "Les garçons et Guillaume, à table!"
ジュリー・ガイエ "Quai d'Orsay"
アデル・エネル "Suzanne"
ジェラルディーヌ・ペラス『17歳』

オリジナル音楽賞
ホルヘ・アリアガータ "Alceste à bicyclette"
ロイック・デューリー、クリストフ'ディスコ’ミンク "Casse-tête chinois"
エティエンヌ・シャリー『ムード・インディゴ うたかたの日々』
Martin Wheeler "Michael Kohlhaas”"
アレクサンドル・デプラ "La Venus à la fourrure"

ドキュメンタリー賞
"Comment j'ai détesté les Maths" 監督:オリヴィエ・ペヨン
"Le Dernier des injustes" 監督:クロード・ランズマン
"Il était une forêt" 監督:リュック・ジャケ
"Sur le chemin de l'école" 監督:パスカル・プリッソン
"La Maison de la radio" 監督:ニコラ・フィリベール

初長編作品賞

"Les garçons et Guillaume, à table!" 監督:ギョーム・ガリエンヌ
『ソルフェリーノの戦い』監督:ジュスティーヌ・トリエ
"En solitaire" 監督:Christophe Offenstein
『7月14日の朝』監督:Antonin Peretjatko
"La Cage Dorée" 監督:Ruben Alves

新人俳優賞
ポール・バルテル "Les Petits Princes"
ピエール・ドランドンシャン 『湖の見知らぬ男』
ポール・アミー "Suzanne"
ヴァンサン・マケーニュ『7月14日の朝』
Nemo Schiffman "Elle s'en va"

長編アニメーション賞
"Aya de Yopougon" 監督:Marguerite Abouet、 Clément Oubrerie
"Loulou, l'incroyable secret" 監督:Éric Omond、Grégoire Solotareff
"Ma maman est en Amérique, elle a rencontré Buffalo Bill" 監督:Marc Boreal、Thibaut Chatel

短編アニメーション賞
『妻の手紙』"Lettres de femmes" 監督:オーギュスト・ザノヴェッロ(Augusto Zanovello)
『モンパルナスのキキ』"Mademoiselle Kiki et les Montparnos" 監督:Amélie Harrault

美術賞
ステファン・ローゼンボーム『ムード・インディゴ うたかたの日々』
アリーヌ・ボネット "L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet"
シルヴィー・オリヴェ "Les garçons et Guillaume, à table!"
ヤン・アルロー "Michael Kohlhaas"
ブノワ・バルー『ルノワール 陽だまりの裸婦』

衣装賞
フロランス・フォンテーヌ『ムード・インディゴ うたかたの日々』
マドレーヌ・フォンテーヌ  "L’Extravagant Voyage Du Jeune Et Prodigieux T.S. Spivet"
オリヴィエ・ベリオ "Les garçons et Guillaume, à table!"
Anina Diener  "Michael Kohlhaas"
パスカリーヌ・シャヴァンヌ『ルノワール 陽だまりの裸婦』

助演男優賞
ニエル・アレストリュプ "Quai D’Orsay"
パトリック・シェネ "Les Beaux Jours"
Patrick d'Assumçao『湖の見知らぬ男』
フランソワ・ダミアン "Suzanne"
オリヴィエ・グルメ "Grand Central"

新人女優賞
ルー・ド・ラージュ " Jappeloup"
ポーリーヌ・エティエンヌ "La religieuse"
アデル・エグザルコプロス『アデル、ブルーは熱い色』
ゴルシフテ・ファラハニ 『悲しみを聴く石』
マリーヌ・ヴァクト 『17歳』

個人的にとって欲しいのは…

作品賞&監督賞:『湖の見知らぬ男』アラン・ギロディー
主演女優賞:エマニュエル・セニエ "La Venus à la fourrure"
新人女優賞:アデル・エグザルコプロス『アデル、ブルーは熱い色』
外国語映画賞:『ブランカニエベス』監督:パブロ・ベルヘル

受賞結果をお楽しみに!
by berceau-du-cinema | 2014-01-31 04:16 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

第38回セザール賞 発表!

2月22日、パリのシャトレ劇場でセザール賞の授賞式が行なわれました。
b0163829_9511568.jpg

今年のノミネートはアンスティチュ・フランセ東京の『カイエ・デュ・シネマ週間』で上映された『カミーユ、ふたたび』(ノエミ・ルヴォヴスキ監督)が最多の13部門。後を追うのは10部門『マリー・アントワネットに別れをつげて』(ブノワ・ジャコ監督)と『愛、アムール』(ミヒャエル・ハネケ監督)、そして9部門の『君と歩く世界』(ジャック・オディアール監督)と『ホーリー・モーターズ』(レオス・カラックス)でした。
受賞結果:プレゼンテーター (分らない人もいました…)

最優秀作品賞:ジャメル・ドゥブーズ
『愛、アムール』(ミヒャエル・ハネケ監督)

最優秀監督賞:シャルロット・ゲンズブール
ミヒャエル・ハネケ監督(『愛、アムール』)

最優秀主演女優賞:オマール・シィ
エマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』)

最優秀主演男優賞:ベレニス・ベジョ
ジャン=ルイ・トランティニャン(『愛、アムール』)

最優秀助演女優賞:ジョイ・スター&ヴィルジニー・ルドワイヤン
ヴァレリー・ベンギギ("LE PRENOM")

最優秀助演男優賞:イザベル・カレ
ギョーム・ド・トンケデック("LE PRENOM")

最優秀新人女優賞:ランベール・ウィルソン
イジア・イジュラン("MAUVAISE FILLE")

最優秀新人男優賞:マリーナ・フォイス
マティアス・スーナールツ(『君と歩く世界』)

最優秀初監督作品賞:リュディヴィーヌ・サニエ
"LOUISE WIMMER"(シリル・メヌガン監督)

最優秀脚色賞:セリーヌ・サレット
トマ・ビドガン&ジャック・オディアール(『君と歩く世界』)

最優秀オリジナル音楽賞:エミリー・シモン&トマ・デュトロン
アレクサンドル・デプラ(『君と歩く世界』)

最優秀撮影賞
ロマン・ウィンディング(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)

最優秀録音賞
アントワーヌ・ドフランドル、ジェルマン・ブレー、、エリック・ティスラン(『マイ・ウェイ クロード・フランソワの生涯』)

最優秀美術賞:オードレイ・ラミィ
カーチャ・ヴィシュコフ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)

最優秀衣装賞(フランソワ・ダミアンス)
クリスチャン・ガスク(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)


最優秀アニメーション賞:マニュ・パイエ
"ERNEST ET CELESTINE"(バンジャマン・レネール、ヴァンサン・パタール、ステファン・オビエ監督)

最優秀ドキュメンタリー賞
”LES INVISIBLES”(セバスチャン・リフシッツ監督)

最優秀短編賞
"LE CRI DU HOMARD"(ニコラ・ギオ監督)

最優秀外国映画賞:オルガ・キュリレンコ
『アルゴ』(ベン・アフレック監督)

栄誉賞
ケヴィン・コスナー

カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞して以来、世界で賞を獲得しているミヒャエル・ハネケ監督の『愛、アムール』が、主要5部門(作品、監督、主演女優、主演男優、脚本)を独占する結果となりました。エマニュエル・リヴァは85才、ジャン=ルイ・トランティニャンは82才と高齢ですが、大ベテランとして素晴らしい演技を見せてくれました。リヴァの気品と風格のあるスピーチ、舞台の公演先ブリュッセルから電話で答えてくれたトランティニャンの軽やかな言葉も印象的でした。

その他、ジャック・オディアール監督の『君と歩く世界』が4部門、ブノワ・ジャコ監督の『マリー・アントワネットに別れをつげて』が3部門を獲得しました。

残念なのは大好きな『ホーリー・モーターズ』と『カミーユ、ふたたび』が無冠に終わった事です。両作品ともフランスの映画評論家による2012年ベスト10では評価が高かったのですが、今年は『愛、アムール』という最強の敵とぶつかってしまった不運でしょうか。また毎回の事ですが、技術賞がとても予定調和的な結果に終わるのが残念です。もう少し独創的な面も含めて評価できないものか、と思いました。

また最優秀初監督作品賞の"LOUISE WIMMER"(シリル・メヌガン監督)と最優秀ドキュメンタリー賞の”LES INVISIBLES”(セバスチャン・リフシッツ監督)は個人的に心を打たれた作品だったので、今回の受賞を嬉しく思います。
by berceau-du-cinema | 2013-02-22 23:44 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

第37回セザール賞 発表!

遅くなりましたが、2月24日金曜日、セザール賞が発表になりました。今回は残念ながらノミネート作品もご紹介できなかったので、まとめてこちらに。★印が受賞です。

作品賞
★『アーティスト』 (ミシェル・アザナヴィシウス監督)
 『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ監督)
 『ル・アーヴルの靴みがき』(アキ・カウリスマキ監督)
 “Polisse”(マイウェン監督)
 “L'Exercice de l'État”(ピエール・ショレール監督)
 『パテール』(アラン・カヴァリエ 監督)
 『最強のふたり』(エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ監督)

監督賞
★ミシェル・アザナヴィシウス監督『アーティスト』
 アラン・カヴァリエ監督『パテール』
 ピエール・ショレール監督 “L'Exercice de l'État”
 ヴァレリー・ドンゼッリ監督『わたしたちの宣戦布告』
 エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシェ監督『最強のふたり』
 アキ・カウリスマキ監督『ル・アーヴルの靴みがき』
 マイウェン監督 “Polisse”

主演男優賞
★オマール・シー『最強のふたり』
 サミ・ブアジラ “Omar m'a tuer”
 フランソワ・クルゼ『最強のふたり』
 ジャン・デュジャルダン『アーティスト』
 オリヴィエ・グルメ “L'Exercice de l'État”
 ドゥニ・ポダリデス “La Conquête”
 フィリップ・トレトン “Présumé Coupable”

主演女優賞
★ベレニス・ベジョ『アーティスト』
 レイラ・ベクティ(Leïla Bekhti) “La Source des femmes”
 ヴァレリー・ドンゼッリ『わたしたちの宣戦布告』
 Marina Foïs “Polisse”
 マリー・ジラン “Toutes nos envies”
 カリン・ヴィヤール “Polisse”
 アリアンヌ・アスカリッド 『キリマンジャロの雪』

助演男優賞
★ミシェル・ブラン “L'Exercice de l'État”
 ニコラ・デュヴォシェル “Polisse”
 ジョイ・スター “Polisse”
 ベルナール・ル・コック “La Conquête”
 フレデリック・ピエロ “Polisse”

助演女優賞
★カルメン・マウラ 『屋根裏部屋のマリアたち』
 ザブー・ブライトマン “L'Exercice de l'État”
 アン・ル・ニ『最強のふたり』
 ノエミ・ルヴォフスキー 『メゾン ある娼館の記憶』
 カルル・ロシェー “Polisse”

有望男優賞
★Grégory Gadebois “Angèle et Tony”
 ニコラス・ブリデ “Tu seras mon fils”
 ギヨーム・グイ “Jimmy Rivière”
 ピエール・ニネ “J'aime regarder les filles”
 Dimitri Storoge “Les Lyonnais”

有望女優賞
★Naidra Ayadi “Polisse”
★クロティルド・エスム “Angèle et Tony”
 セリーヌ・サレット(Céline Sallette)『メゾン ある娼館の記憶』
 アデル・エネル(Adèle Haenel)『メゾン ある娼館の記憶』
 Christa Théret “La Brindille”

オリジナル脚本賞
★“L'Exercice de l'État” ピエール・ショレール
 『わたしたちの宣戦布告』ヴァレリー・ドンゼッリ、ジェレミー・エルカイム
 『アーティスト』 ミシェル・アザナヴィシウス
  “Polisse” マイウェン、エマニュエル・ベルコ
 『最強のふたり』エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシェ

脚色賞
★『おとなのけんか』ロマン・ポランスキー、ヤスミン・レザ
 “La Délicatesse” David Foenkinos
 “Présumé Coupable” ヴァンサン・ガレンク
 “Omar m'a tuer” オリヴィエ・ゴルス、ロシュディー・ゼム、ラシッド・ブシャール、オリヴィエ・ロレル
 “L'Ordre et la Morale” マチュー・カソヴィッツ、ブノワ・ジョベール、ピエール・ジェレール

撮影賞
★『アーティスト』ギヨーム・シフマン
 “Polisse” ピエール・エイム
 『メゾン ある娼館の記憶』ジョゼ・デエー
 “L'Exercice de l'État” ジュリアン・イルシュ
 『最強のふたり』 マチュー・ヴァドピエ

編集賞(Meilleur montage)
★“Polisse” ロール・ガルデット、ヤン・デデ
 『アーティスト』 アン=ソフィー・ビオン、ミシェル・アザナヴィシウス
 “L'Exercice de l'État” ロランス・ブリオー
 『わたしたちの宣戦布告』ポーリーヌ・ガイヤール
 『最強のふたり』 ドリアン・リガル=アンスー

美術賞
★『アーティスト』 ローレンス・ベネット
 『メゾン ある娼館の記憶』アラン・グフロワ(Alain Guffroy)
 “Les Femmes du 6e étage” ピエール=フランソワ・ランボッシュ
 “L'Exercice de l'État” Jean-Marc Tran Tan Ba
 『ル・アーヴルの靴みがき』Wouter Zoon

衣裳賞
★『メゾン ある娼館の記憶』アナイス・ロマン
 “My Little Princess” カトリーヌ・ババ
 『アーティスト』マーク・ブリッジス
 “Les Femmes du 6e étage” クリスチャン・ガスク
 “La Source des femmes” ヴィオリカ・ペトロヴィッチ
 
録音賞
★“L'Exercice de l'État” オリヴィエ・エスペル、ジュリー・ブレンタ、ジャン=ピエール・ラフォルス
 『最強のふたり』パスカル・アルマン、ジャン・グディエ、ジャン=ポール・ウリエ
 『メゾン ある娼館の記憶』ジャン=ピエール・デュレ、ニコラ・モロー、ジャン=ポール・ラフォルス
 “Polisse” ニコラ・プロヴォスト、Rym Debbarh-Mounir、エマニュエル・クロゼ
 『わたしたちの宣戦布告』アンドレ・リゴー、セバスチャン・サヴィーヌ、ロラン・ガビオ

作曲賞
★『アーティスト』ルドヴィック・ブールス
 “Les Bien-Aimés” アレックス・ボーパン 
 『メゾン ある娼館の記憶』ベルトラン・ボネロ
 “Un monstre à Paris” マチュー・シェディッド、パトリス・ランソン
 “L'Exercice de l'État” ピエール・ショレール

初監督作品賞
★『ガザを飛ぶブタ』シルヴァン・エスティバル監督
 “Angèle et Tony” Alix Delaporte 監督
 “17 filles” ミュリエル&デルフィーヌ・クラン監督
 “La Délicatesse” David Foenkinos監督
 “My Little Princess” エヴァ・イヨネスコ監督

アニメーション賞
★“Le Chat du rabbin” Antoine Delesvaux&ジョアン・スファール監督
 “Le Cirque”(仏・カナダ/2010) ニコラ・ブロー監督 *短編
 “La Queue de la souris” Benjamin Renner監督 *短編
 “Un monstre à Paris” ビボ・ベルジェロン監督 *短編
 “Le Tableau” ジャン=フランソワ・ラギオニ監督 *短編

ドキュメンタリー賞
★『ラルザックの奇蹟』クリスチャン・ルオー監督
 “Le Bal des menteurs” ダニエル・ルコント監督
 『クレイジー・ホース』フレデリック・ワイズマン監督
 “Ici on noie les Algériens” Yasmina Adi監督
 “Michel Petrucciani” マイケル・ラドフォード監督

短編作品賞
★『ピアノ調律師』“L'Accordeur” オリヴィエ・トレイネール監督
 “La France qui se lêve tôt” ユーゴ・チェスナール監督
 “J'aurais pu être une pute” Baya Kasmi 監督
 “Je pourrais être votre grand-mère” ベルナール・タンギ監督
 “Un Monde sans femmes” ギョーム・ブラック監督

外国語作品賞
★『別離』アスガー・ファルハディ監督
 『ブラック・スワン』 ダーレン・アロノフスキー監督
 『英国王のスピーチ』トム・フーパー監督
 『ドライヴ』ニコラス・ウィンディング・レフン監督
 『少年と自転車』ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督
 『灼熱の魂』ドゥニ・ヴィルヌーヴ 監督
 『メランコリア』ラース・フォン・トリアー監督

栄誉賞
ケイト・ウィンスレット

*****

コメントを含めて個人的にも選んでみました。ただし残念ながら見ていない映画もあるので、一部割愛しています。

作品賞/この3本ならどれがとっても。
 『わたしたちの宣戦布告』(ヴァレリー・ドンゼッリ監督)
 『ル・アーヴルの靴みがき』(アキ・カウリスマキ監督)
 “L'Exercice de l'État”(ピエール・ショレール監督)
b0163829_1112196.jpg

監督賞
 ピエール・ショレール監督 “L'Exercice de l'État”

主演女優賞
 マリー・ジラン “Toutes nos envies”

*男優/女優ともに “Polisse”のキャスト全員にアンサンブル・キャスト賞を。 “L'Exercice de l'État” も主演男優、助演男優、助演女優ともに良かったです。

有望男優賞のGrégory Gadeboisはコメディ・フランセーズの団員なのでダントツに素晴らしいのは当たり前かな、と。

撮影賞
 『メゾン ある娼館の記憶』ジョゼ・デエー

美術賞
 『メゾン ある娼館の記憶』アラン・グフロワ(Alain Guffroy)
 『ル・アーヴルの靴みがき』Wouter Zoon

初監督作品賞
 “17 filles” ミュリエル&デルフィーヌ・クラン監督

短編作品賞、他の作品を見ていないのですが…この作品は最高!だったので。
 “Un Monde sans femmes” ギョーム・ブラック監督
b0163829_1113271.jpg

外国語作品賞の『別離』は、ベルリン、セザール、オスカーと、自分としては今年の賞関係で最も納得のいく作品でした。

栄誉賞のケイト・ウィンスレット、プレゼンテーターは『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー監督!

世界中の賞を獲得した『アーティスト』は商業作品としてはお薦めですが、芸術作品としてはオリジナリティを感じられず、個人的には退屈してしまった作品でした。また『最強のふたり』は1900万人動員というメガヒットになってしまったので、逆に行く気がなくなってしまい、恥ずかしながら未見です。

新作“L'Ordre et la Morale” が興行的に失敗に終わったマチュー・カソヴィッツ監督は、多くのノミネートからも外されてしまったことを受けて、ツイッターでセザール賞に”悪態”をつきました。その後に出した声明内容は、セザール賞を実は意識しているという複雑な心境のもの…そして、何と撮影賞のプレゼンテーターとして笑顔で授賞式に登場!視聴者からはこれが一番面白い瞬間だったという意見も(笑)。しかし、それ以上に騒ぎになったのは、助演男優賞のプレゼンテーターとして登場したマチルド・セニエ。受賞者のミシェル・ブランのスピーチが終わった後、ノミネートを受けていたジョイ・スターに舞台に上がるように声をかけたのです。これは行き過ぎた行為だったとネット上で批判を浴び、後日、弁護士を通して謝罪を発表する騒ぎになりました。

2011年はフランス映画にとって大変注目すべき年になりました。2012年はどうなるでしょうか?
by berceau-du-cinema | 2012-03-01 10:58 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

セザール賞新人賞のプレ・セレクション!

セザール賞と協賛のハイジュエリーのブランド、ショーメが今年の注目された新人俳優32人を発表しました。この中から同賞のノミネートが選ばれます。

女優:

Naidra Ayadi "Polisse"
アンヌ・アズレイ "Léa"『女子大生レア 秘密の仕事』
アリス・バルノール 『ある娼館の記憶』
アストリッド・ベルジュ=フリスベ "La fille du puisatier”
アガット・ボニツェール "Une bouteille à la mer"
ローラ・クレトン "Un amour de jeunesse"
マリー・ドゥナルノー Marie Denarnaud "Les adoptés"
アマンディーヌ・ドゥヴァーム "Toutes nos envies"
ゴルシフテ・ファラハニ"Si tu meurs, je te tue"
アデル・エネル『ある娼館の記憶』
クロチルド・エスム Clotilde Hesme "Angèle et Tony"
ジョセフィーヌ・ジャピー"Le moine"
セリーヌ・サレット Céline Sallette 『ある娼館の記憶』
クリスタ・テレ "La brindille"
Alison Wheeler "Mon père est femme de ménage"
liana Zabeth 『ある娼館の記憶』

男優:

ニコラ・ブリデ "Tu seras mon fils"
François Civil "Nos résistances"
ジェレミー・デュバル "Mon père est femme de ménage"
Franck Falise "La fin du silence"
ラファエル・ペレ "Présumé coupable"
Grégory Gadebois "Angèle et Tony"
Guillaume Gouix "Jimmy Rivière"
Iabe Lapacas "L'ordre et la morale"
ニコラス・モーリー " Let my people go !"
ピエール・ムール "Où va la nuit"
ピエール・ニネ "J'aime regarder les filles"
ピエール・ペリエ "American Translation"
エマン・サイディ "L'assaut"
マフムード・シャラビー "Les Hommes libres"
アレクサンドル・スタイガー "L'ordre et la morale"
ディミトリ・ストロージュ "Les Lyonnais"

これから彼らを使った写真シリーズや短編がお目見えするのですが、昨年度の映像はこちらから。監督はゾエ・カサヴェテスです。
b0163829_9432535.jpg

b0163829_9413531.jpg

by berceau-du-cinema | 2011-11-24 09:44 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

ルイ・ドゥリュック賞 ノミネート作品 発表!

1937年から続いている映画のゴンクール賞、ルイ・ドゥリュック賞のノミネート作品が発表になりました。昨年は故ラウル・ルイス監督の「ミステリーズ・オブ・リスボン」が受賞している権威のある賞です。

「ある娼館の記憶」(東京国際映画祭での上映の際のタイトル)べルトラン・ボネロ監督
"L'Exercice de l'Etat"ピーター・ショレール監督
"La Guerre est déclarée"(日仏文化会館での上映の際のタイトル:「宣戦布告」)ヴァレリー・ドンゼッリ監督*日本配給決定
"Le Havre" アキ・カウリスマキ監督*日本配給決定
「アウトサイド・サタン」(東京国際映画祭での上映の際のタイトル)ブリュノ・デュモン監督
"Les Neiges du Kilimandjaro" ロベール・ゲディギャン監督
"Pater" アラン・カヴァリエ監督
"The Artist" ミシェル・アザナヴィシス監督*日本配給決定
「トムボーイ」(フランス映画祭での上映の際のタイトル)セリーヌ・シアマ監督
ベルリン映画祭に出品された「トムボーイ」以外は、全てカンヌ映画祭出品作品。

新人監督作品部門は…

"17 filles" ミュリエル・クラン&デルフィーヌ・クラン監督
"Donoma" Dkinn Carrenard監督
"Jimmy Rivière"テディ・ルッシ=モデスト監督 de Teddy Lussi-Modeste
「マフローザ」(5部構成:山形国際ドキュメンタリー映画際で1部のみ上映)エマニュエル・ドゥモーリス監督*ドキュメンタリー
"Nous, Princesse de Clèves"レジ・ソデール監督*ドキュメンタリー
b0163829_9374518.jpg

特筆すべきはドキュメンタリー作品が2本選ばれている事。特に「マフローザ」は5部構成で12時間近い大作ですが、そのクオリティから考えるとノミネートは当然でしょう。また注目なのは11月23日に劇場公開される"Donoma"がノミネートに入った事。パリ郊外に住む青年がアーティストたちのグループから150ユーロの資金を受けて完成させた作品で、数ヶ月前に既に話題になり、その時点でリベラシヨン紙にも特集記事が掲載されたほど。カイエ・ドゥ・シネマ誌なども高く評価、ディエップ国際映画祭でも審査委員特別賞と最優秀女優賞を獲得。台風の目になるでしょうか?
受賞作品は12月16日に発表になります。
by berceau-du-cinema | 2011-11-21 22:36 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

2011年度ジャン・ヴィゴ賞決定!

今年で60回を迎えるジャン・ヴィゴ賞が、Rabah Ameur-Zaimeche監督の”Les Chants de Mandrin”に決定しました。まだフランスでの公開も日にちが未定どころか、どこの映画祭にも出品されておらず。しかし賞を受賞=完成して審査委員は見ている、ということなので、これは8月のスイスの映画祭で上映されるのでは…と読んでいます。受賞理由として、自由で詩的であり、無法者たちの楽しげな精神に溢れた作品だと評価されています。

また独立精神やオリジナリティーがあり、常に革新的である模範的な作品を発表し続けているジャン=マリー・ストローブに特別賞に与えられています。しかしダニエル・ユイレは?
b0163829_2345070.jpg

by berceau-du-cinema | 2011-05-07 23:43 | CINEMA/PRIX | Comments(0)

2011年度ロミー・シュナイダー&パトリック・ドベール賞発表!

将来有望な若手俳優に捧げられるロミー・シュナイダー&パトリック・ドベール賞の2011年度の受賞者が発表になりました。

ロミー・シュナイダー賞は現在23才のアナイス・ドゥムスティエに。7歳の時から女優を目指し、12才でスクリーン・デビューした時にはミシェル・セローと共演。そして16才でミヒャエル・ハネケ監督の『タイム・オブ・ザ・ウルフ』に出演と、ただものではないキャリアのスタート!既に主役作品も数本あり、多くの作品が公開待機中です。ある映画祭のバーで本人を間近で見たことがあるのですが、本当に小さい普通の女の子!しかしその演技力は素晴らしいものがあります。セザール賞には既に2回ノミネートされていますが、受賞がまだなのが不思議な程でした。
b0163829_85086.jpg

パトリック・ドベール賞を獲得したジル・ルルーシュは、既に39才。監督として映画界にデビューし、初監督作品『ナルコ』が日本でも公開されています。ギョーム・カネとの出会いをきっかけに知名度がぐんとアップ。最初はラブコメへの出演が多かったのですが、最近は日本でも公開が予定されているフレッド・カヴァイエ監督の新作"A bout portant"など、ハードボイルドな役が多くなってきました。彼のイメージは…友だちの彼氏にいそうなタイプ。シネマテークで当時妊娠中だったパートナーのメラニー・ドゥテイが出演した作品が上演された時に、彼女をいたわっていた姿がとても印象的でした。
b0163829_8501933.jpg

by berceau-du-cinema | 2011-04-06 08:52 | CINEMA/PRIX | Comments(0)