人気ブログランキング |

カテゴリ:CINEMA/EXPOSITION( 10 )

ロミー・シュナイダー展@ブローニュ・ビランクール

2年前のブリジット・バルドー展に続き、パリ郊外のブローニュ・ビランクール市にあるEspace Landowski - M - A 30で、ロミー・シュナイダー展が11月4日から、彼女の没後30周年にあたる来年の2月22日まで開催されます。

ロミー・シュナイダーはオーストリア人ですが、20台前半であった60年代後半からフランスを本拠地に活躍していたので、フランス人には絶大な人気があります。デビューのシシー役やクロード・ソーテ監督などの出演作はもちろん、アラン・ドロンとの悲しい恋の結末、前夫の自殺、息子の事故死、そして本人の早すぎる死と、そのドラマティックな人生もこの人気に影響しているのでしょうか?

この展覧会は2009年にベルリンのシネマテークで開催された展覧会がパートナーシップを取っている他、娘にあたるサラ・ビアジニさんの協力を得て、未公開写真や遺品も展示されるそうです。会場はパリの郊外といっても地下鉄9番線でアクセス可能。バルドー展は9万人が来場したそうです。

ちなみにロミー・シュナイダーは昨年ドキュメンタリーにもなったアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の「地獄」の準備のために、6ヶ月間に渡ってこの街にあるスタジオに通っていたそうです。公式サイトはまだ稼働していないみたいですが、オープンの4日にはもっと情報が見られるのでしょうか?
b0163829_8545626.jpg

by berceau-du-cinema | 2011-11-01 08:54 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(3)

ミシェル・ゴンドリーと映画を作ろう!

パリのポンピドーセンターで3月7日まで、ミシェル・ゴンドリー考案のアトリエ”L'Usine de films amateurs”が開催されています。
b0163829_19211070.jpg


NYのギャラリーが『僕らのミライへ逆回転』にインスピレーションを受けたインスタレーションを依頼したことで始まったこの催しは、事前予約をした見知らぬ十数名が集まり、会場ないの”スタジオ”で3時間で1本の作品を作る試み。俳優や小道具を選び、脚本を書き、撮影から特殊効果まで、映画作りの全ての行程が組み込まれ、最後には完成した作品のDVDがもらえます。参加可能年齢は8歳から!なので子供やティ―ンエイジャーから老人までが一緒に楽しめます。

またポンピドーセンターではこれと並行して3月13日まで、ゴンドリー監督の回顧特集も開催。長編だけではなく、ヴィデオクリップやドキュメンタリー、そして非公開映像も。そしてゴンドリー監督の選んだお気に入りの作品も上映されます。初日にはミシェル・ゴンドリーが若き日に組んでいたバンドOui Ouiの再結成します!
by berceau-du-cinema | 2011-02-16 19:19 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

ジャック・ドゥミ監督の没後20周年記念本&展覧会

今年はジャック・ドゥミ監督の没後20周年、そして初長編『ローラ』から50年になります。それを記念して"Jacques Demy"が出版されました。たくさんの写真は資料が収められています。著者はジャーナリストのマリー・コルマンと、元カンヌ映画祭監督週間部門そして現在はロカルノ映画祭の芸術ディレクターを務めるオリヴィエ・ペール。そして俳優である息子のマチュー・ドゥミが序文を捧げています。
b0163829_19573157.jpg

そして生まれ故郷のナントでは、10月23日から来年の2月26日まで展覧会"Un Nantais nommé Jacques Demy"が開催されています。
b0163829_19575486.jpg

ポスターや撮影現場のスチール写真、脚本など作品に関するものはもちろん、故人の私物も展示されています。またナントで撮影された『ローラ』『都会の一部屋』そして『ジャック・ドゥミの少年期』(アニエス・ヴァルダ監督)の3作品に捧げられたスペースも設けられています。オープニングにはアニエス・ヴァルダを始めとするドゥミ一家はもちろん、アヌーク・エイメやミッシェル・ピコリも登場。また撮影された場所を巡るパンフレット(英語/フランス語)も!これはサイトからダウンロードできます。その他にもコンサートや舞台など、イベントが盛りだくさん。この機会にパリに来る人は、是非ともナントまで足を伸ばして!
b0163829_1958365.jpg

by berceau-du-cinema | 2010-11-02 19:56 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

3+1

パリ4区にあるアニエス・ベーのGALERIE DU JOURで"3+1"展が明日から始まります。3はハーモニー・コリン、ライアン マッギンレー、そして昨年7月にオーバードーズで27才の若さで亡くなったダッシュ・スノー。そして+1はアニエス・ベー自身です。
b0163829_6343899.jpg

ダッシュ・スノーは晩年に取られたモノクロの写真が数点展示。今までの作品とは一線を画した、清冽とした作品が心を撃ちます。
b0163829_6345920.jpg

インタビューを受けているライアン マッギンレー。このギャラリーには3度目の登場ですが、今回はモノクロのポートレイト。
b0163829_6353633.jpg

b0163829_636153.jpg

そしてハーモニー・コリンは絵画を展示。会場にはパートナーと一緒に来ていましたが、彼女がかの有名な"ゴミ"映画(褒め言葉です!)、"Trash Humpers"に出ていたかと思うと絶句…ちなみに"Trash Humpers"はアニエス・ベーの映画プロダクション会社ラブ・ストリームス製作。前日にシネマテークで特別上映されましたが、残念ながらまだフランスでの公開は決まっていません。
b0163829_6362077.jpg

b0163829_6364676.jpg

地下ではアニエス・ベーが撮影した映像が上映。2003年にライアン マッギンレーやダッシュ・スノーらNYの若手アーティストを招聘した際の映像の他、アニエス・ベーでしか集めれないであろうジョナス・メカス、ハーモニー・コリン、ギャスパー・ノエ、ダグラス・ゴードンの"4ショット"映像も見れます。
by berceau-du-cinema | 2010-09-08 22:33 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

幻灯機と着色フィルムと映画の400年

パリのシネマテーク・フランセーズで新しい展覧会"Lanterne magique et film peint, 400 ans de cinéma" が本日からスタートします。
b0163829_23104480.jpg

1659年、オランダの天文学者によって発明された幻灯機は、ガラスに手描きで描かれた画像をランプとレンズで投影するもの。最初はシンプルな絵であったのが、画像を数枚重ねたり、一枚の画像を動かすトリック、そして写真などが使われるようになります。

多くの映画監督も魅了してきた幻灯機。映画ファンにとってはイングマール・ベルイマン監督の「ファニーとアレクサンドル」の中のシーンが有名ですが、先日行われた故人の遺品の競売では、この作品に出てくる幻灯機も人気を集めていたそうです。またフランシス・フォード・コッポラ監督も幻灯機の収集家と知られ、今回の展覧会にもメッセージを寄せています。その他、フランソワ・トリュフォー監督の『緑色の部屋』、フェデリコ・フェリーニ監督の『カサノバ』にも幻灯機は登場します。そしてジャック・プレヴェールは1941年にその名も”La Lanterne magique(幻灯機)”という脚本を執筆しますが、これは残念ながら陽の目を浴びることはありませんでした。その他、バルザックやプルーストの文章の中にも幻灯機は登場しています。

今回の展覧会はイタリアのトリノにある国立映画博物館との共催。この2施設の所有する2万3000枚の中から選ばれた画像が、年代を追う形で「日常生活」「旅」「寓話と伝説」「科学と教育」「エロティズム」(子供は見れません!)「宗教と秘教」「アートとスペクタクル」「ゴースト」(ティム・バートン作品みたい!)「逆さまの世界」「アブストラクション」の10のテーマに分かれて展示されていますが、全てこれらが映像として見れるようになっています。「アブストラクション」ではスタン・ブラッケージ、ノーマン・マクラレン、そしてホセ・アントニオ・システィアガという、この芸術の継承者で前衛的なフィルム作品を発表したアーティストたちのオリジナル・プリントを見ることができます。また最後にあるアンソニー・マッコールのインスタレーションを体験することも忘れずに!

本日夜8時半より、展覧会のキュレーターであるロラン・マノニ氏による幻灯機の上映がある他、子供向けの上映やアトリエも開催。そして11月14日にはこの芸術の継承者であるノーマン・マクラレンの作品も上映されます。

シネマテーク・フランセーズ 公式サイト
by berceau-du-cinema | 2009-10-14 18:08 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

アピチャッポン・ウィーラセタクン - PRIMITIVE

みんな大好きアピチャッポン・ウィーラセタクンの" PRIMITIVE"展が、パリ市近代美術館(通称ARC)でスタートしました。
b0163829_21363983.jpg

現在製作中で2010年完成予定の長編”UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES”のベースとなるこの展覧会では、タイの北東部にあり共産主義者の蜂起をコントロールするために1960年代から1980年代にかけてタイ軍の基地があった村ナブアで撮影された8本の短編が上映されています。映像の美しさもさることながら、それに呼応するテキストの朗読や音楽の使い方がとても素晴らしく、彼独特の世界感が伝わってきます。

ちなみに製作中の長編は数年前にアピチャッポン・ウィーラセタクン自身がある僧侶が書いた本”The Man Who Could Recall His Past Lives”を本人から渡されたことが発端となった企画だそうです。今回の展覧会ではこの本の序文やスチール写真、イラストなども展示されています。この写真、部屋に飾りたい…
b0163829_2137183.jpg

ミュンヘンでこけら落としされたこの展覧会は現在ロンドンでも同時開催中。日本には行くのでしょうか?パリでは来年1月3日までになっています。

またシネマテーク・フランセーズでは明日10月2日金曜日に1994年製作の”Like the Relentless Fury of the Pounding”から今年のベルリン映画祭で上映された”A letter to Uncle Boonmee”まで11本の短編が上映されます。こちらもお見逃しなく!

パリ市近代美術館/ARC 公式サイト
Musée d’Art moderne de la Ville de Paris / ARC
11 avenue du Président Wilson - 75116 Paris
Tél. 01 53 67 40 00
開館日:火曜ー日曜 10時ー18時(木曜は22時まで)

シネマテーク・フランセーズ 公式サイト

アピチャッポン・ウィーラセタクンの製作会社KICK THE MACHINE 公式サイト
by berceau-du-cinema | 2009-10-01 21:35 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

「アラン・レネ監督『二十四時間の情事』をめぐって」

東京で昨年12月に開催されたエマニュエル・リヴァの写真展が日本文化会館にやってきました。

『二十四時間の情事』の撮影のために広島を訪れたリヴァが、監督らスタッフが撮影準備をしている時間を使って、一人で街を歩いて撮った写真30点あまりが展示されています。場所は地下3階のホールにて。入場料は無料です。また今回の展覧会を記念して発行された写真集ですが、日本版とフランス版は装丁が少し違います。フランス版のタイトルは映画の中の有名な台詞「君はヒロシマで何も見なかった」から取っていますね。

b0163829_2383483.jpg


本日の日刊紙リベラシヨンに2ページに渡る記事が掲載され、エマニュエル・リヴァのインタビューを読む事ができます。

期間は4月14日から18日まで。4月14日火曜日には『二十四時間の情事』の上映とエマニュエル・リヴァによる舞台挨拶がある他、黒沢明監督の『生きものの記録』、新藤兼人監督の『原爆の子』『第五福竜丸』の他、1952年から59年の間に撮影された広島の原爆に関わる5本の作品が上映されます。こちらもいくつかの上映は入場料無料になっています。

b0163829_2312865.jpg


パリ日本文化会館 公式サイト:
http://www.jpf.go.jp/mcjp/(日本語)
http://www.mcjp.asso.fr/(フランス語)

日刊紙リベラシヨンの記事:
http://www.liberation.fr/culture/0101561711-revoir-hiroshima
http://www.liberation.fr/culture/0101561713-du-documentaire-a-la-fiction
http://www.liberation.fr/culture/0101561715-la-bombe-a-photographie-la-mort

* 今日見た映画

<回顧特集>セシル・B・デミル@シネマテーク・フランセーズ

“What’s His Name?”(セシル・B・デミル/アメリカ/1914/84分)★★
“The Kindling”(セシル・B・デミル/アメリカ/1915/72分)★
by berceau-du-cinema | 2009-04-13 23:00 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

ハルン・ファロキ X ロドニー・グラハム

パリのジュ・ド・ポーム美術館で新しいエクスポジション"HF|RD"がスタートしました。

b0163829_19431653.jpg


チェコスロバキアで生まれ、ベルリンを活動の拠点としているハルン・ファルキと、2008年の横浜トリエンナーレにも招聘されたカナダ人アーティスト、ロドニー・グラハムという二人のアーティストを組み合わせたこのエクスポジション。前者は社会的及び政治的視点から、後者は映画、音楽、美術など芸術的観点から、と、一見相反するアプローチをとった作品を通して現代社会を批評的に考察しています。二人とも様々な媒体を使っているのですが、今回のエクスポジションではファロキはフィルムや映像と写真がメイン。「資料」「機械」「編集」「口上書」という4つのコンセプトの元に構成されたインスタレーションはそれぞれの作品が交互に配置されることによって、観るものの内に相互作用が起こします。

例えばファロキの"Deep Play"は、2007年のワールドカップの決勝戦を12の異なった映像で見せており、その中に一つでは、レゴの人形(と言ったら可愛すぎ?)のようになり、なぜか髪の毛もあるジダンなどが出てきます。しかしこれらの映像からは、全てを病的なまでに「管理」し「分析」しようとする現代の姿が見えてきます。( © Harun Farocki)

b0163829_19455313.jpg


特にファロキの作品は殆どが30分近く(前述のサッカーの作品は134分!)あるので、時間の余裕を持って鑑賞することをお薦めします!

エクスポジションは6月7日まで。期間中にはハルン・ファロキの代表作29本、両アーティストの選んだ作品の特集が上映されています。

ジュ・ド・ポーム 公式サイト:http://www.jeudepaume.org/

* 今日見た映画

<新作>

“Villa Amalia”(ブノワ・ジャコ/フランス/2008年/91分)★

<回顧特集>セシル・B・デミル@シネマテーク・フランセーズ

『夫を変へる勿れ』(セシル・B・デミル/アメリカ/1918/83分)★★
by berceau-du-cinema | 2009-04-12 19:40 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

ル・プチ・ニコラ

フランス人ならきっと子供の頃に読んだ事ある"Le Petit Nicolas"。フランス語を勉強する人も手にとったことがあるはず。30カ国で翻訳されていますが、去年の秋、パリのセレクト・ショップ、コレットがコラボしたのも記憶に新しいところ。

そのニコラ君、なんと今年50歳に!これを記念した初めての回顧展""がパリで開催、原作者のルネ・ゴシニーの自筆の原稿や挿絵を担当したジャン・ジャック・サンペのオリジナルのデッサン150点が展示。またゴシニーが使っていたタイプライターやサンペのパレットなども彼らの子供時代の写真と共に展示されています。

b0163829_115543.jpg


同じ日に未発表10編をまとめた"Le Ballon et autres histoires inédites"も発売されました。これもまたすごい売れ行きだそうです。

b0163829_1162958.jpg


国民的スターの50歳の誕生日に、映画界ももちろんお祝い!実写版が9月30日に公開予定。回顧展のオープニングには主演のマキシム・ゴダール君も登場しました。

b0163829_117967.jpg


回顧展は5月7日までパリ市役所で開催、入場料は無料です。日曜日は休館なので気をつけて!

ル・プチ・ニコラ 公式サイト:http://www.petitnicolas.com/
パリ市役所 公式サイト:
http://www.paris.fr/portail/accueil/Portal.lut?page_id=1&document_type_id=2&document_id=65650&portlet_id=21961
by berceau-du-cinema | 2009-03-14 05:49 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)

レイモン・ドパルドン&ポール・ヴィリリオ

フランスを代表する写真家の一人でドキュメンタリー作家としても数々の秀作を発表しているレイモン・ドパルドン。最新作で2001年の"Profils Paysans:L'approche(農民の横顔:アプローチ)"、2005年の"Profils Paysans:Le quotidien(農民の横顔:日常)"に続く三部作の最後を飾る作品、”La vie moderne(直訳:近代的な生活)”は2008年のカンヌ国際映画祭のある視点部門で上映され、フランス公開後に大ロングラン・ヒット。権威あるルイ・デュリュック賞も獲得しました。

そのドパルドンが思想家のポール・ヴィリリオとの異色のコンビで企画した展覧会”TERRE NATALE:AILLEURS COMMENCE ICI(直訳:生まれた土地:別の場所はここから始まる)”が、パリのカルチェ財団で3月15日まで開催されています。

b0163829_0413853.jpg


この展覧会でドパルドンは2本の映像作品を発表。世界各地の少数民族の言葉に耳を傾けた”Donner la parole(直訳:発言を与える)”と世界の様々な土地の人の流れを見つめる"La Tour au monde en 14 jours(直訳:14日間の世界一周)"です。ドパルドンの視線は常に人間的であり、このような2つのアプローチが違う作品ですら、その視線を画面外からひしひしを感じることができます。

対してヴィリリオの作品は客観的に状況を見つめることから問題提起をしており、都市計画家らしいアプローチ。あるスペースでは多数のモニター画面を使い、様々な方法で移動を試みる、いやむしろ強いられる人たちの姿を隠しカメラや防犯カメラなどで捉えたような映像で映し出しています。そして別のスペースでは政治、経済、自然災害を通し、移動をする人々と金の動きを数字と地図を使って統計的に見せています。これらの作品、見ているうちに少しずつ世界の現実が見えてきて怖くなってくるのです…

私はある日曜日の午前中に行ったのですが、会場にはたくさんの子供たちが来ていました。このようなテーマの展覧会を子供たちも見ることができるのは、とても素晴らしいことですね。

カルチェ財団 公式サイト:http://fondation.cartier.com/
by berceau-du-cinema | 2009-03-04 00:34 | CINEMA/EXPOSITION | Comments(0)