人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第66回カンヌ映画祭:受賞結果発表

5月15日から開催されていた第66回カンヌ映画祭の閉幕式が行なわれました。

受賞結果:

パルム・ドール
"LA VIE D’ADELE(直訳:アデルの人生)" アブデラティフ・ケシシュ監督
b0163829_7305622.jpg

グランプリ:
"INSIDE LLEWYN DAVIS" ジョエル&イーサン・コーエン監督

監督賞:
"HELI" アマト・エスカランテ監督

審査委員賞:
『そして父になる』是枝裕和監督

脚本賞
"TIAN ZHU DING(A TOUCH OF SIN))" ジャ・ジャンクー監督

女優賞
ベレニス・ベジョ
("LE PASSE"(直訳:過去)"アスガー・ファルハディ監督)

男優賞
ブルース・ダーン
("NEBRASKA" アレクサンダー・ペイン監督)

有名監督が名前を連ねましたが、蓋を開けてみると、「よく出来てはいるが、その監督の傑作には届かない小粒な作品」が多いと言われたコンペで、突出した素晴らしさで下馬評が最も高かったのが、アブデラティフ・ケシシュ監督の"LA VIE D’ADELE" (直訳:アデルの人生)でした。性に目覚めたばかりの少女が、年上の娘の抗いがたい魅力に惹かれて恋に落ち、自分自身を見いだしながら成長。そして嫉妬が原因で辛い別れを体験した後も忘れられない彼女を断ち切る決心をし、新しい道を歩んで行くまでを追っています。レズビアンの物語というのではなく、普遍的と言える愛の物語を、新人女優のアデル・エグザルコプロースが主人公アデルを文字通り「生き」、そして相手役のレア・セイドゥが素晴らしい演技力を持って体現。この2人の間で起こる化学反応に、心が震えるのを抑えられないような作品でした。異例の事ですが、審査委員団は作品と女優の2人にパルムドールを捧げています。

その他の受賞作品も、ウェル・メイドな作品、冷徹な作品、グッド・フィーリングな作品とそれぞれスタイルが違う混じり、映画の多様性がきちんと意識された受賞結果という印象がします。

*****

今年はコンペティション全作品を見る事ができたので、自分なりにも選んでみました。やはり"LA VIE D’ADELE"がすごすきて、他の賞は難航(笑)。

パルム・ドール
"LA VIE D’ADELE(直訳:アデルの人生)" アブデラティフ・ケシシュ監督

グランプリ:
"TIAN ZHU DING(A TOUCH OF SIN))" ジャ・ジャンクー監督
監督の引き出しの多さ、巧みさを堪能できました。

監督賞:
"LA GRANDE BELLEZZA(THE GREAT BEAUTY)"パオロ・ソレンティーノ監督
個人的に入り込めた作品ではないのですが、その構成力、映像と音の編集は目を見張るものが。

審査委員賞:
"NEBRASKA" アレクサンダー・ペイン監督
今年のハート・ウォーミング賞。誰もが心に持っている原風景に、愛すべき人達。最後、ほろっとしました。

脚本賞
"LE PASSE" (直訳:過去)アスガー・ファルハディ監督
『別離』と同じ構造と言われれば、それまでですが、それでもやはりこれだけの物語を作り出す才能は素晴らしいと思い。

女優賞
エマニュエル・セニエ
("LA VÉNUS À LA FOURRURE(直訳:毛皮を着たヴィーナス)" ロマン・ポランスキー監督)
"LA VIE D’ADELE"の2人に与えたいところですが、パルム・ドールと重なる受賞は禁止されているので、断念。女優が熱演するタイプの作品が多かった中、軽やかに演技の幅をみせつけたエマニュエル・セニエは圧巻でした。そして"NEBRASKA" のお母さん役、ジューン・スキッブも最高!ダブル受賞でも良かったかも。

男優賞
マイケル・ダグラス
("BEHIND THE CANDELABRA" スティーヴン・ソダーバーグ監督)
本当はマット・デーモンとロブ・ロウの3人にあげたいところ!もちろんブルース・ダーンも納得。そして"LE PASSE" のタハール・ラヒム、最初はあまり何とも思わないのですが、ラストに近づき、物語が重層化されていく毎に、彼の冒頭の演技にも意味が感じられるという構造に舌を巻きました。
by berceau-du-cinema | 2013-05-26 23:29 | CINEMA/FESTIVAL | Comments(2)

第66回カンヌ映画祭 監督週間部門:フランス映画

"LES APACHES(直訳:アパッチ)" フランス映画/1時間40分
監督:ティエリー・ド・ペレティ
出演:フランソワ=ジョゼフ・キュリオリ、Aziz El Haddachi、Hamza Meziani、ジョゼフ・エブラール
物語:夏、コルシカ、ポルト・ヴェッキオ。10代後半の4人の少年たちはいつも一緒に街をぶらついている。ある退屈な夜、その中の一人の父親が働いている瀟洒な別荘に忍び込み、夜を明かした後、帰り際に狩猟用の銃を盗んでしまう。数日後、別荘の持ち主がパリから到着し、盗みがあった事を地元を仕切るボスに話してしまう。
*コルシカのアジャクシオシュ出身で、俳優養成で有名なフロラン校を卒業したド・ペレティ監督はまず舞台の演出で有名に。俳優としてもパトリス・シェロー監督の『愛する者よ、列車に乗れ』などに出演しています。これが初めての長編監督作品で、フランスでの公開は8月14日。
b0163829_754273.jpg

b0163829_7543623.jpg

"LA FILLE DU 14 JUILLET(直訳:革命記念日の娘)" フランス映画/1時間28分
監督:Antonin Peretjatko
出演:Vimala Pons, Grégoire Tachnakian, ヴァンサン・マケーニュ、マリ=ロルナ・ヴァコンサン、トマ・シュミット
物語:革命記念日の7月14日。ルーヴル美術館で出会った娘トリュケットに恋をしたエクトールは、彼女を魅了させようと海に誘う。だがトリュケットは友だちのシャルロットも連れて来てしまう。そして経済危機の真っ最中にあるフランス政府は、秋の新学年を1ヶ月早めてしまう。
*初長編作品。国立映画学校ルイ・ルミエール卒のAntonin Peretjatko監督は、短編作品2本がセザール賞にノミネート。またジャック・オデフィアール監督作品のメイキング・オフを担当した経歴も。フランス公開は6月5日。
b0163829_7552014.jpg

b0163829_7552372.jpg

b0163829_7554211.jpg

"LES GARCONS ET GUILLAUME, A TABLE!(直訳:少年たちとギョーム、食事の時間よ!)" フランス映画/1時間25分
監督:ギョーム・ガリエンヌ
出演:ギョーム・ガリエンヌ、アンドレ・マルコン、フランソワーズ・ファビアン、ダイアン・クルーガー
物語:最も古い母親の思い出は4歳か5歳の頃。兄たちと一緒に食事に呼ばれる時、必ず「少年たちとギョーム、食事の時間よ!」と言われていた。そして最後に交わした電話での言葉は「キスを送るわ。可愛い子よ。」だがこの2つの言葉の間には幾つかの誤解があった。
*俳優として古典演劇の殿堂コメディ・フランセーズの舞台に立ち、映画作品(ソフィア・コッポラ監督の『マリー・アントワネット』にも出演!)でも何度もカンヌにやってきたギョーム・ガリエンヌが、自ら編み出した反自伝的舞台の映画化で、これが初長編作品。フランス公開は10月20日。
b0163829_7555868.jpg

b0163829_756070.jpg

"TIP TOP(直訳:ティップ・トップ)" フランス映画/1時間46分
監督:セルジュ・ボゾン
出演:イザベル・ユペール、サンドリーヌ・キベルラン、フランソワ・ダミアン、キャロル・ロシェール
物語:2人のベテラン女性刑事がとある地方の警察署に、アルジェリア出身の密告者の死の捜査にやってきたのだ。
*批評家出身のセルジュ・ボゾン監督は、初長編作品"LA FRANCE"(2007年)も監督週間部門に出品された経歴の持ち主。今作はコメディ!
b0163829_7562086.jpg

b0163829_7562256.jpg

"UN VOYAGEUR(直訳:旅人)" フランス映画/1時間46分
監督:マルセル・オフュルス 
出演:マルセル・オフュルス、エリオット・アーウィット、ジャンヌ・モロー、フレデリック・ワイズマン
*ドキュメンタリー。マックス・オフュルス監督の息子で、『哀しみと憐れみ』(1969年)や『ホテル・テルミニュス 戦犯クラウス・バルビーの生涯』(1988年)など、ナチス・ドイツに占領されていたヴィシー政権下のフランスを扱ったドキュメンタリーで知られるマルセル・オフュルス監督。現在85才の監督が、1994年に発表した"Veillées d'armes"以来の新作で自身の人生を振り返る。
b0163829_7563035.jpg

b0163829_7562719.jpg

閉幕上映:

"HENRI(直訳:アンリ)" フランス&ベルギー合作 1時間47分
監督:ヨランド・モロー
出演:ピッポ・デルボノ、キャンディ・ミン、ジャッキー・ベロワイエ、シモン・アンドレ
物語:人生を諦め、少しだけ酒に溺れるようになった50代のアンリと、少しだけ頭が弱いが愛を夢見るロゼッタ。孤独でマージナルな2人が出会う。
*演技派女優として名高いヨランド・モローの監督第2作目。初長編作品"Quand la mer monte…"(2005年)はセザール賞とルイ・ドゥリュック賞で最優秀新人監督賞を受賞しています。フランス公開は12月4日。
b0163829_7563353.jpg

b0163829_7563430.jpg

by berceau-du-cinema | 2013-05-03 07:53 | CINEMA/FESTIVAL | Comments(0)

第66回カンヌ映画祭 批評家週間部門:フランス映画

*長編コンペティション

"NOS HEROS SONT MORTS CE SOIR(直訳:今夜、英雄たちが死んだ)" フランス映画 1時間34分
監督:ダヴィッド・ペロー
出演:ドゥニ・メノシェ、ジャン=ピエール・マルタン、フィリップ・ナオン、コンスタンス・ドレ、ヤン・コレット
物語:1969年代諸島のフランス。白い仮面を被ったプロレスラーのシモンは「幽霊」と呼ばれていた。彼は戦争から戻ってきたばかりの友人ヴィクトールに黒い仮面を被った敵になることを提案する。しかし戦争で心の傷を追ったヴィクトールはこの役目を辛く思い、拍手を受ける側になりたいと希望する。そこでシモンは仮面を取り替えることを提案するが…
*3本の短編を発表した後、これがはう監督作品となるダヴィッド・ペロー監督。今作は白黒映画で、往年のフランス映画の渋さを醸し出しています。
b0163829_757333.jpg

b0163829_7573468.jpg

b0163829_7574284.jpg

*特別上映

開幕上映:

"SUZANNE(直訳:シュザンヌ)" フランス映画/1時間30分
監督:カテル・キレヴェレ
出演:サラ・フォレスティエ、フランソワ・ダミアン、アデル・エネル、Paul Hamy
物語:シュザンヌとマリアは小さい頃に母親をなくしたにも関わらず、幸せな子供時代を過ごした。父親のニコラは再婚もせず、不器用ながらも必死に2人の娘を育てていたのだ。シュザンヌが妊娠、出産した後も家族は助け合ってきた。しかしその数年後、シュザンヌは評判の悪い青年ジュリアンと出会い、恋に落ちてしまう。彼女は全てを捨てて、ジュリアンと家を出てしまう。
*2010年に発表した初長編作品『聖少女アンナ』が監督週間部門に出品されたキレヴェレ監督。今作ではサラ・フォレスティエとアデル・エネルという2人の人気の若手女優を起用しています。
b0163829_758441.jpg

b0163829_75853.jpg
b0163829_7581026.jpg

特別上映:

"LES RENCONTRES D'APRES MINUT(直訳:真夜中過ぎの出会い)" フランス映画/1時間31分
監督:ヤン・ゴンザレス
出演;ケイト・モラン、ニール・シュナイダー、ニコラ・モーリー、エリック・カントナ、ファビエンヌ・バーブ、ベアトリス・ダル
物語:真夜中。若いカップルと彼らのゲイの養育係が乱痴気騒ぎを準備する。
*現在36才のヤン・ゴンザレス監督は既に短編作品が話題になっていた新鋭の監督。これが初長編作になりますが、独特の世界観が楽しみそうです。
b0163829_7585444.jpg

b0163829_758558.jpg

b0163829_759012.jpg

長編コンペティション部門に入ったカナダ映画ですが、フランス語圏の作品なので…:

"LE DEMANTELEMENT(直訳:解体)" カナダ映画/1時間51分
監督:セバスチャン・ピロット
出演:ガブリエル・アルカン、ジル・ルノー、リュシー・ローリエ、ソフィー・デマレ
物語:羊牧場を営むギャビーには都会に住む娘が2人いる。ある日、家を失う危機に面した長女が彼に金銭的な援助を頼みに来る。父親としての意識から、牧場を解体するという常軌を逸した決断をする。
*これが長編第2作目となるピロット監督ですが、第1作目の"LE VENDEUR(直訳:販売員)"はサンダンス映画祭に出品と大きく注目を集めるケベックの若手監督です。主役を務めるガブリエル・アルカンは『みなさん、さようなら』のドゥニ・アルカン監督の兄弟。
b0163829_7593295.jpg

b0163829_7593410.jpg

b0163829_759581.jpg

by berceau-du-cinema | 2013-05-02 07:55 | CINEMA/FESTIVAL | Comments(0)

第66回カンヌ映画祭 ある視点部門:フランス映画

"LES SALAUDS(直訳:ひどい奴ら)" フランス映画/2時間
監督:クレール・ドゥニ
出演:ヴァンサン・ランドン、キアラ・マストロヤンニ、ジュリー・バタイユ、ミシェル・シュボール、アレックス・デスカス、ローラ・クルトン、グレゴワール・コラン、モワセック、エレーヌ・フィリエール
物語:コンテナ船の船長マルコは妹のサンドラから連絡を受け、急遽パリに戻る。彼女の夫は自殺し、家族経営の会社は破産、一人娘は無気力状態になっていた。実業家エドゥアルド・ラポルトに原因があると知ったマルコは、ラポルトの愛人と息子と同じ建物に部屋を借りる。しかしサンドラにはマルコの知らない秘密が あり、またラファエルがマルコに関心を示し始める。
*長編デビュー作『ショコラ』(1988年)でいきなりカンヌ映画祭のコンペに登場したクレール・ドゥニ監督。大作の企画がなかなか進まず、この作品を先に製作しました。ヴァンサン・ランドンを始め、ドゥニ監督作に既に出演したことのある俳優たちが終結していますが、女優たちは新顔が揃っています。
b0163829_8244164.jpg

b0163829_8244342.jpg

"L'INCONNU DU LAC(直訳:湖の見知らぬ男) " フランス映画/1時間32分
監督:アラン・ギロディ
出演:Pierre Deladonchamp、Christophe Paou、Patrick d'Assumçao
物語:夏。男たちが出会いを求めにくる湖の畔。フランクはミシェルに恋をするが、彼はハンサムで逞しいが危険な香りのする男だった。しかしフランクはこの情熱を生きたいと熱望する。
*日本でも東京国際映画祭で前作『キング・オブ・エスケープ』が上映されたアラン・ギロディ監督、監督週間部門の常連でしたが、長編4作目にあたる今作で公式部門に初登場です。フランス公開は6月12日。
b0163829_8244934.jpg

b0163829_8245345.jpg

"GRAND CENTRAL(直訳:グランド・セントラル)" フランス映画/1時間35分
監督:レベッカ・ズロトヴスキ
出演:レア・セイドゥ、タハール・ラヒム、オリヴィエ・グルメ、ドゥニ・メノシェ
物語:明敏で仕事覚えが早く、職を変えてばかりいるギャリーは、原子力発電所に就職する。お金と仕事仲間を得た彼だが、同僚の妻カロルに恋をしてしまう。禁じられた愛と放射能に冒されて行くギャリーにとって、脅威におびやかされる毎日に続く。
*長編デビュー作『美しい棘』が2010年のカンヌ映画祭批評家週間部門に出品され、同年のルイ・デリック賞新人賞を獲得したレベッカ・ズロトヴスキ監督の新作は、今をときめく2人の若手俳優の共演!フランス公開は6月26日。
b0163829_825794.jpg

b0163829_825646.jpg

カナダ映画なのですが、フランス語劇なのでご紹介します :

"SARAH PRÉFÈRE LA COURSE(サラは走る方が好き)" カナダ映画/1時間34分
監督:クロエ・ロビショー
出演:Sophie Desmarais、Jean-Sébastien Courchesne、Geneviève Boivin-Roussy、エレーヌ・フロラン
物語:ケベック郊外に住む中距離ランナーのサラにモントリオール大学の名門クラブに入るチャンスが訪れる。彼女の母親は娘の健康と生活の心配をするが、経済的な支援をすることができない。ボーイフレンドと新しい冒険にチャレンジすることを決めるサラは、誰にも迷惑をかけないように奨学金を得ようとするが…
*ここ数年、カナダのフランス語圏からはドゥニ・ヴィルヌーヴやドゥニ・コテなど新しい才能が国際的な活躍をしていますが、現在25才の若手女性監督の登場です。既に昨年、短編部門のコンペティションに作品が出品、これが初長編作品となります。予告編
b0163829_8251262.jpg

b0163829_8251336.jpg

by berceau-du-cinema | 2013-05-01 08:19 | CINEMA/FESTIVAL | Comments(0)