人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

CANNE 2016

b0163829_18485779.jpg
2016年度カンヌ映画祭の私的星取り表と(知っている限りの)日本公開情報です。

公式コンペティション部門は、既に言われているように、有名監督の作品が並んだものの、までのキャリアに較べると並の出来の作品が多く、『Toni Erdman』や『Aquarias』などニューカマーの作品が好評を得たものの、賞を逃すという結果になり、受賞結果には大きな疑問を残しました。

ある視点部門は作品ごとのクオリティーにあまりにも開きがあり、セレクションに問題があるのでは?と感じたほど。
監督週間部門は現ディレクターの冒険のない予定調和路線がそのまま継続されていて、個人的には刺激のある作品が少な過ぎて退屈なのですが、一般客を含め、このセレクションを評価する向きも多いそうなので、この方向性でそのまま進みそうです。(今年もカメラドールを取りましたし…)
初長編もしくは2本目の作品が対象にも関わらず、野心のある完成度の高い作品が並んだ批評家週間部門の方が面白いセレクションになっていました。

日本公開情報で「?」マークがついているのは、メジャーが日本の権利も取得してしまったので、実際に公開されるか分らない作品です。

公式セレクションの受賞結果:http://www.festival-cannes.com/en/palmares/all-awards

コンペティション部門

『Toni Erdman』マーレン・アーデ監督(ドイツ)★★★(日本公開)
『Julieta』ペドロ・アルモドバル監督(スペイン)★★★(日本公開)
『American Honey』アンドレア・アーノルド監督(イギリス)★★★★(日本公開?)
『Personal Shopper』オリヴィエ・アサイアス監督(フランス)★(日本公開)
『La Fille Inconnue』ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督(ベルギー)★★★(日本公開)
『It’s Only the End of the World』グザヴィエ・ドラン監督(カナダ)★★★(日本公開)
『Slack Bay』ブリュノ・デュモン監督(フランス)★
『Mal de Pierre』ニコル・ガルシア監督(フランス)(日本公開)
『Rester Vertical』アラン・ギロディー監督(フランス)★★★★
『Paterson』ジム・ジャームッシュ監督(アメリカ)★★★★★(日本公開)
『Aquarias』Kleber Filho Mendonca監督(ブラジル)★★★★
『I, Daniel Blake』ケン・ローチ監督(イギリス)★★★★(日本公開)
『Ma’ Rosa』ブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)★★★
『Bacalaureat』クリスチャン・ムンジウ監督(ルーマニア)★★★(日本公開)
『Loving』ジェフ・ニコルズ監督(アメリカ)★★★★(日本公開)
『The Handmaiden』パク・チャヌク監督(韓国)★★(日本公開)
『The Last Face』ショーン・ペン監督(アメリカ)X(日本公開)
『Sieranevada』クリスティ・プイユ監督(ルーマニア)★★★
『Elle』ポール・ヴァーホーヴェン監督(オランダ) ★★★★(日本公開)
『The Neon Demon』ニコラス・ウェンディン・レフン監督(デンマーク)★★★(日本公開)
『The Salesman』アスカー・ファルハディ監督(イラン)★★★

アウト・オブ・コンペティション部門

オープニング作品:
『Cafe Society』ウディ・アレン監督(アメリカ) ★(日本公開)

『Money Monster』ジョディ・フォスター監督(アメリカ)★★(日本公開)
『Goksung』ナ・ホンジン監督(韓国)(日本公開)
『The BFG』スティーヴン・スピルバーグ監督(アメリカ)未見(日本公開)

ミッドナイト・スクリーニング

『Gimme Danger』ジム・ジャームッシュ監督(アメリカ)★★★★(日本公開)
『Train to Busan』ヨン・サンホ監督(韓国)
『Blood Father』ジャン=フランソワ・リシェ監督(フランス)未見

スペシャル・スクリーニング

『The Last Resort』タノス・アノストプロス監督、ダビデ・デルデガン監督(ギリシャ/イタリア)
『Hissein Habre, a Chadian Tragedy』マハマト=サレ・ハルーン監督(チャド)未見
『Exil』リティ・パニュ監督(カンボジア)未見
『Last Days of Louis XIV』アルベール・セラ監督(スペイン)★★★★★
『Le Cancre』ポール・ヴェッキアリ監督(フランス)★★★★
『Wrong Elements』ジョナサン・リッテル監督(アメリカ)未見
『La foret de quiconces』グレゴワール・ルプランス=ランゲ監督(フランス)X
『Chouf』カリム・ドリディ監督(フランス/チュニジア)★★

ある視点部門

『淵に立つ』深田晃司監督(日本)★★★★(日本公開)
『海よりもまだ深く』是枝裕和監督(日本)(日本公開)
『Beyond the Mountains and Hills』エラン・コリリン監督(イスラエル)★★
『Inversion』ベーナム・ベーザディ監督(イラン)★
『Apprentice』ブー・ユンファン監督(シンガポール)★★
『The Stopover』デルフィーヌ&ミュリエル・クラン監督(フランス)★★★
『Clash』モハメド・ディアブ監督(エジプト)★★★
『Pericle il nero』ステファノ・モルディーニ 監督(イタリア)未見
『Captain Fantastic』マット・ロス監督(アメリカ)★★★★(日本公開)
『The Student』キリル・セレブレニコフ監督(ロシア) ★★
『Hell or High Water』デヴィッド・マッケンジー監督(イギリス)
『Red Turtle』マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督 (オランダ)(日本公開)
『The Dancer』ステファニー・ディ・ジュスト監督(フランス)★★★(日本公開)
『Personal Affairs』Maha HAJ監督(イスラエル)★★
『The Happiest day in the life of Olli Maki』Juho KUOSMANEN 監督(フィンランド) ★★
『Francisco Sanctis’s Long Night』Francisco MARQUEZ, Andrea TESTA監督 (アルゼンチン)★★★
『Dogs』Bogdan MIRICA監督 (ルーマニア) ★★★
『The Transfiguration』Michael O’SHEA監督 (アメリカ)★★★★

監督週間部門

『Sweet Dreams』マルコ・ベロッキオ監督(イタリア)★★
『Dog Eat Dog』ポール・シュレーダー監督(アメリカ)★★★
『The Aquatic Effect』ソルヴェイグ・アンスパッシュ監督(フランス)★★
『Les Vies de Therese』セバスチャン・リフシッツ監督(フランス)★★★★
『Tour de France』ラシッド・ジャイダニ監督(フランス)★★
『Mercenaire』サッシャ・ヴォルフ監督(フランス)★★
『Divines』ウーダ・ベンヤミナ監督(フランス)(日本公開?)
『L’Economie du couple』ジョアキム・ラフォス監督(ベルギー)★★★
『My Life as a Zucchini』クロード・バラス監督(スイス)★★★★(日本公開)
『Like Crazy』パオロ・ヴィルズィ監督(イタリア)★★★
『Fiore』クラウディオ・ジョヴァンネージ監督(イタリア)★★
『Wolf and Sheep』シャールバヌー・サダット監督(アフガニスタン)★★★★
『Risk』ローラ・ポアトラス監督(アメリカ)★★★★
『Two Lovers and a Bear』キム・グエン監督(カナダ)★★
『Mean Dreams』ネイサン・モルランド監督(カナダ)★★
『Endless Poetry』アレハンドロ・ホドロフスキー監督(チリ)★★(日本公開)
『Neruda』パブロ・ラライン監督(チリ)★★★★(日本公開)
『Raman Raghav 2.0』アヌラーグ・カシュヤプ監督(インド)未見

批評家週間部門

『Album』Mehmet Can Mertoglu監督(トルコ)★★★
『Diamond Island』ダヴィ・チュウ監督(カンボジア・フランス)★★★
『Raw』ジュリア・デュクルノー監督(フランス)★★★★(日本公開?)
『Mimosas』オリヴィエ・ラックス監督(スペイン)★★★★
『One Week and a Day』アサフ・ポロンスキー監督(イスラエル)★★
『Tramontaine』Vatche Boulghourjian監督(レバノン)★★★
『A Yellow Bird』K. Rajagopal監督(シンガポール)★★★

特別上映
オープニング作品:
『In Bed With Victoria』ジュスティーヌ・トリエ監督(フランス)★★
クロージング作品:
『Smile』サンドリーヌ・キベルラン監督(フランス)★★
『En Moi』レティシア・カスタ監督(フランス)★★
『Kitty』クロエ・セヴィニー監督(アメリカ)★★
『Apnée』ジャン=クリストフ・ムーリス監督(フランス)★★★★
『Happy Times Will Comme Soon』アレッサンドロ・コモダン監督(イタリア)★★★★★
by berceau-du-cinema | 2016-06-30 18:41 | CINEMA/FESTIVAL | Comments(0)